マンションのキッチンのカウンター下収納です。

電話を頂き、カウンターの下がごちゃごちゃしているので、収納でまとめたい!ということでした。

また、無垢の木にこだわっているようでした。

おおよその寸法を聞き、おおよその値段を言ってから、実際に、納めるところの下見兼打ち合わせに伺いました。

スケッチはこんな感じで提案させて頂きました。

スケッチはこんな感じで提案させて頂きました。

①カウンターの色が濃いのでクラッシクスタイル。
②比較的曲線が好き、ということで、扉に工夫。
③引き出しと扉の位置(真ん中がガラスで右側が木の扉)は依頼に合わせる。
④自分なりの新しい試み(楕円のガラス、曲線の扉)


デザインが決まってから、制作まで、約6か月あまり待って頂きました。(本当に有り難いことです。)

塗装前
塗装前

初めてのことが多く、四苦八苦しながらの制作でした。

塗装後(久しぶりのアンテイーク塗装でした。)画像の説明

取っ手も、古びた真鍮のものを使用
取っ手も、古びた真鍮のものを使用

引き出しの木目は特にこだわりました。
引き出しの木目は特にこだわりました。

手こずったところ(ガラスの押さえ)
ガラスの押さえ

それから、この扉(屑籠を入れます。)
それから、この扉(屑籠を入れます。)

そして、納品(まず本体を取付)

まず本体を取付

この後は比較的楽になります。(扉や引き出しの仕込み)
この後は比較的楽になります。


カウンター下収納


カウンター下収納ca056   材 なら、アッシュ、ビーチ  クラシック塗装(ラッカー)
参考価格  55万円(税別)     相模原市   Oさん




a:327 t:1 y:0