新築にあたって、お手持ちの座卓をダイニングテーブルに改造したい! という依頼でした。

持ち込まれた座卓
よく見かける、分厚い塗装の一枚の板の座卓です。

よく見かける、分厚い塗装の一枚の板の座卓です。  持ち込まれた座卓

脚をはずす。(叩いたら、比較的簡単に、はずれました。)
叩いたら、比較的簡単に、はずれました。

しかし、この分厚い塗装をはがして、まず、木に呼吸をさせてあげなければなりませんでした。
塗装をはがすにあたって、刃物はすぐ痛んでしまいますし、サンダーで落とすにしても、ほこりが舞い、体によくありません。

ので、プラスチック専門の機械を持っている所に相談して、結局NCという機械で、塗装を剥ぎ落としてもらいました。

立派ないい木(タガヤサン、別名ウェンジ)をいかしてあげなければなりません。

若い夫婦でしたので、脚は違う木(たも)を使ってツートンを奨めました。
若い夫婦でしたので、脚は違う木(たも)を使ってツートンを奨めました。

お客さんの要望は、6本足(持ち運び、分解が便利)

それから、このフォーク入れなどが入るような引き出しを4杯ほしい! ということでした。
それから、このフォーク入れなどが入るような引き出しを4杯ほしい! ということでした。  引き出しを4杯

これらの要望をききいれながら、完成させました。
これらの要望をききいれながら、完成させました。


詳細
お客さんの要望は、6本足  今回の仕事でわかったことは、ウェンジの木には、オイル仕上げが向かなく、しっかりとウレタンで塗装するか、全くの無塗装がいい!ということがわかりました。

今回の仕事でわかったことは、ウェンジの木には、オイル仕上げが向かなく、しっかりとウレタンで塗装するか、全くの無塗装がいい!ということがわかりました。

この仕事の納品時のブログです。
http://kikanboyamagami.com/index.php?QBlog-20131228-1&mode=category&catname=%E6%9C%A8%E5%B7%A5



テーブル 改造1  主材(お客様持ち込み)  脚材 たも
参考価格  20万円(税別)    横浜市Tさん 


直前のページへ戻る




a:3773 t:1 y:3