• 家具について

    とくにスタイルといったものは、ありません。 スキッ!としたものをみると、おお、かっこええ!と思いますし、手の混んだ職人技のモノをみると、ウーン!と唸ってしまいます。

    作り手の人柄が感じられるような、また作り手の息が感じられるような、素朴な家具が、なんとしても一番好きです。

    そういうわけで、効率優先の大量生産無表情家具は、嫌いです。  また、デザイナー、職人分業型のかっこいいものも、あまり好きではありません。

    本当のデザインとは、紙の上で考えられたものではなく、実際に木を削ってみて、ンー!この木は‘かたい‘とか‘におう‘といった作業を経て出てくるものだと思っております。

    それがクラフトマンシップだと思います。そういった家具に出会うと非常に嬉しいですし、それが私の目標でもあります。







    a:2280 t:5 y:2