約8年前に作ったテーブルです。

お子さんが成長されて、もう勉強机としての役割が終わったそうで、脚などを切って、センターテーブルに改造出来ないか?という相談でした。

お子さんが成長されて、もう勉強机としての役割が終わったそうで、脚などを切って、センターテーブルに改造出来ないか?という相談でした。

ソファーがレトロの雰囲気で、それに合わせて色も濃くしたい!ということでした。

結構、ハードに使われていて、実に”いい感じ”になっておりました。
結構、ハードに使われていて、実に”いい感じ”になっておりました。

カッコイイ落書き
画像の説明

お気に入りのシール
お気に入りのシール

この子はきっと理数系が好きだったのでしょう。
この子はきっと理数系が好きだったのでしょう。

子供に綺麗に使いなさい!なんて無理で、のびのび育ったと思われます。


さて、改造。  まず脚を切断
まず脚を切断

天板、このまま傷を残したまま色をつけるか、ある程度綺麗にしてから塗装するか、ちょっと迷いましたが、後者を選択しました。

見ていると、脚にちょっとワンポイントを入れたくなりました。
見ていると、脚にちょっとワンポイントを入れたくなりました。

ソファーの面取りに合わせて大きく角を落とす。(使い古した感じが強調されます。もちろん濃い色だから合います。)
ソファーの面取りに合わせて大きく角を落とす。

引出しの中のシールは、思い出と共に、そのまましまい込みました。
引出しの中のシールは、思い出と共に、そのまましまい込みました。

天板
天板

完成
完成

そして、納品
そして、納品


こういう改造は、”無垢の木”だからこそ出来るのだと思います。


机からセンターテーブルに改造   材 楢
参考価格(うち合わせ、改造費)5万円     鎌倉市 Mさん




a:115 t:1 y:0