杉のダイニングテーブルです。

杉のダイニングテーブルです。

材料はお客様持ち込みでした。  家の新築時、大黒柱の杉の’残り’で、テーブルを作りたい、との意向でした。


すぐに、製材し、かなり風にあてながら約1年乾燥しました。 が、まだ乾燥は十分では、ありません。
縮んだ時も、あまり気にならないデザインと’つくり’にしました。

持ち込まれた材
すぐに、製材し、かなり風にあてながら約1年乾燥しました。 が、まだ乾燥は十分では、ありません。  この形は利用したい!


材料の長さが120cmと短く、どうしたら長く(150cmぐらい)になるか、工夫が必要でした。
’はしばめ’といいますが、この方法は元来、木の動きを止めてしまいます。  が、’杉やら松などのやわらかな木’で作ると、将来’味’がでる場合があります。
’はしばめ’といいますが、この方法は元来、木の動きを止めてしまいます。  が、’杉やら松などのやわらかな木’で作ると、将来’味’がでる場合があります。


そして、なんといっても、杉は素朴な雰囲気を醸し出します。
また、’山好きの夫婦’ということを考えながら製作しました。


ななめより

横より

細部です。   ’ナチュラル脚’  けっこう難しいです!
細部です。  ’ナチュラル脚’  けっこう難しいです!


ちょっといい色の写真になりました。

ちょっといい色の写真になりました。


杉のダイニングテーブル(t025)  材  持込    無塗装
参考価格 17万円(手間代として)   多摩市   Kさん


直前のページへ戻る




a:1871 t:2 y:2