大きな立派なイスです。  名付けて、‘王様の椅子‘です。

大きな立派なイスです。

依頼して来られたのは、木工が趣味の方でした。

最初、ご自分で作ろうとして、ケヤキの木の塊を削り、座面を作ろうとなさっていました。

途中で止まってしまい、つづきをどうしようか? 完成してほしい!というわけで、自分が請け負うことと、なりました。


まず座面を仕上げます。特に硬かったので、濡らしながら、かんなをあてていきます。 
最初、ご自分で作ろうとして、ケヤキの木の塊を削り、座面を作ろうとなさっていました。  途中で止まってしまい、つづきをどうしようか? 完成してほしい!というわけで、自分が請け負うことと、なりました。

まず座面を仕上げます。特に硬かったので、濡らしながら、かんなをあてていきます。  仕上げるには、‘気力の充実‘が必要です。
仕上げるには、‘気力の充実‘が必要です。

どんなイメージをお持ちか、伺います。

1  まず、ゆったり座れて、ゆったりと、あぐらがかけること。
2  背中は角度をつけてほしい!
3  ひじかけを、後ろから流れるようなスタイルを希望


☆ 3が自分にとっては、かなり難関でした。

そして、このようになりました。
 ひじかけを、後ろから流れるようなスタイルを希望

後ろから
後ろから椅子をみる。

細部(いろいろ こだわっています。)
細部  こだわっています!

上より、椅子を見る。

預かって、完成するまでかなり時間がたってしまいました。  しかし大きな椅子です。
しかし大きな椅子です。


王さまの椅子chair052  けやき  オイル仕上げ
参考価格  手間として20万円(税別) 座板のみ材料持ち込み    横浜市  Nさん


直前のページへ戻る







a:954 t:2 y:0