カテゴリ:山

北アルプス縦走


毎年、恒例の山登りに行ってきました。

(槍ヶ岳から、大キレット、穂高縦走)  3泊4日 山小屋泊 

9月20日(金) 新宿より電車で上高地  から横尾、槍沢ロッジ
9月21日(土) 東鎌尾根経由で槍ヶ岳(山荘)
9月22日(日) 中岳、南岳を経て、大キレット、北穂高小屋
9月23日(月) 涸沢を経て上高地より新宿         でした。恒例の山登り

相棒は高校時代からの友人で、代わり映えしませんね。

今回の計画も彼が練り、わたくしは、ついていくだけです。(注文は1日の距離は短く!!)

特徴ある槍ヶ岳
特徴ある槍ヶ岳

実にすばらしい天気でした。

実にすばらしい天気でした。  ひたすら歩きます。ひたすら、ひたすら

槍が岳山頂
槍が岳山頂

ここは、人気があり、人いっぱいでした。
なんだか'蜘蛛の糸’を連想してしまいます。
なんだか'蜘蛛の糸’を連想してしまいます。 

山小屋で
山小屋で


それにしても天候には、恵まれました。
それにしても天候には、恵まれました。

3日目(大キレットの日)

友人の顔もなぜか緊張ぎみ。ヘルメットをかぶれ!  恐ろしいところへ突入するらしい。

大キレットの日  恐ろしいところへ突入するらしい。

’キレット’って何?ということで、  wikipediaはこちらをクリック!


まったく大変なところで、よく考えてみれば、この鎖から離れたら、、足を踏み外したら、、、

考えれば考える程、恐ろしくなってきます。(写真をとる余裕なんてありません。)

で、非常に臨場感のある動画を見つけましたので、、、(自分ではありません。)

まさに、こんな感じで、
本来、路地歩きをボーっと歩くcity派で、海をこよなく愛する人間なのに、、、、
なんて喘ぎながら進んでいると、ちょうど ’飛騨泣き’あたりで、気づくと真後ろにいて、あっという間に、去っていった女の子。  まるでスパイダーマンのようでした。

まぼろしだったのでしょうか?

危険を脱した夕方は、まさに ’雲上の人’でした。 ’雲上の人’でした。

危険を脱した夕方


後は下山です。

やはり木工屋なので、木は気になります。
やはり木工屋なので、木は気になります。

バカにされたヘルメット!(今のおしゃれな時代には、いないらしい。)
バカにされたヘルメット!

それにしても、上高地の空気は気持ちいい。
上高地の空気は気持ちいい。


すっかり、山の魅力に引き込まれてしまいました。


さあ!仕事、仕事だ!




a:1125 t:1 y:0

コメント


認証コード7917

コメントは管理者の承認後に表示されます。