目黒庭園美術館  ブラジルの先住民の椅子展

目黒庭園美術館の、ブラジルの先住民の椅子展に行って来ました。

庭園美術館目黒

年代不詳のものから現在まで、動物をモチーフにした一木作りの椅子展です。

IMGP0571_1.jpg

IMGP0574_2.jpg

最近の展覧会は、写真撮影がOKのところが多くなってきています。

ただ、営業的にはいいのかもしれませんが、これってどうなんでしょう??

写真を撮る事がメインになってしまって、本来の ‘見る、感じる、考える!!‘という事が薄れるのかもしれません。。

でも、‘時代の流れ‘なら仕方のないことかもしれません。とは言え、その恩恵を受けて、こういったことまで書けるのですから。。。


IMGP0575_1.jpg


IMGP0578_1.jpg

自分には、動物信仰はないですが、この素朴な作りの椅子には興味が惹かれます。

かめ椅子
IMGP0582_1.jpg

お気に入りの、エイの椅子
IMGP0579.jpg

何かしら、ヒントをもらえそうでした。

美術館自体も、暫く迎賓館のようにして使われていたようで、見る所も沢山です。

IMGP0577.jpg

かつての執務室
ここで何か、国家の事が練られていたいたのでしょうか?
IMGP0584_1.jpg

バスルーム
IMGP0585_1.jpg

こんな動物っぽくないものまでありました。IMGP0576.jpg

木工屋として、いろんな表現方法があって、ちょっと凝り固まって来ているようで、もう少し、原始に戻るのも悪くない、ですね。。


9月17日までと、会期は長いです。





a:127 t:3 y:0

コメント


認証コード9014

コメントは管理者の承認後に表示されます。