父の死

父親が息を引き取ったのは、ちょうど彼岸の入りの9月20日。

葬儀は、85歳目の誕生日になるはずだった9月25日に行われた。


息が止まる2、3分前まで、意識はしっかりとして、全身に回った癌も、脳までやっつけるにはいかなかったようだ。


最期を見届けたこともあってか、2,3日間の喪失感は非常なものがあったが、骨になってしまうと、不思議と喪失感は消え、かえって身近に感じられるようになった。。。


葬儀後、何故か工房前では彼岸花が咲いた。IMGP0807_1.jpg





a:87 t:1 y:1

コメント


認証コード6407

コメントは管理者の承認後に表示されます。