カテゴリ:本

読書 椎名誠 そして、亀甲金網

コロナウィルスで家にいる機会が増えています。自分の所はテレビがないので、情報は専らパソコンとラジオです。

世の中がこんな感じだから、読書人口が増えているかなあ。。


ここの所、昔読んだ椎名誠を引っ張り出して何冊か再読してみました。

哀愁の町に霧が降るのだ

椎名誠  あんまり堅苦しくなく気軽に読めて、、、作家の人というのは精神的にナイーブな感じの人が多く、殴り合いなんてもっての外!という中では異色の人で、なんだか男として魅力的ですねぇ。。。

この”哀愁の町に霧が降るのだ”は特に好きな本で、荒くれ時代の共同生活が描かれています。


麦の道
高校時代の話で、部活とケンカに明け暮れた実に楽しい小説でした。

銀座のカラス
サラリーマン小説で”やる気満々”に働けるのでは無いでしょうか。。。


旅のエッセイも面白いのですが、特にこの一連の私小説(高校時代からサラリーマンまでの)特に好きですね。

何度かの引越しで、相当処分してしまった中、生き残った本です。

久し振りに、”本”についてでした。



話は代わって、今、制作している”鳥小屋”の亀甲金網が届きました。

”鳥小屋”の亀甲金網が届きました。

このお客さんは、贔屓にしてくれていつも変わった注文をしてくれます。銅の亀甲金網なんて、ホームセンターにはないですし、卸し専門の金物屋さんに聞くと、困ったことに30メートル単位でしか売らない!!と言っていました。。

今の時代、、、やはりインターネットですね。

ちゃんと小分けしてくれる所がありました。

感じが良かったので宣伝もしちゃいます。川西金網店

http://www.kanaami.net/


IMGP0292_2.jpg

取り敢えず、タッカーで打ち付けて、木で押せえようか、、、思索中です。
IMGP0288_1.jpg


いろんな注文があって面白いですね!!




a:50 t:1 y:2

コメント


認証コード0975

コメントは管理者の承認後に表示されます。