和風テイストのホテルのベンチ

主に外国人の為に、和風テイストのホテルを東京御徒町にオープンし、そこのロビーに合うベンチを作らないか?という依頼でした。

仲介して下さったのは、、アートフロントギャラリーさんです。
https://www.artfrontgallery.com/


今回は、”木の塊”を重要視し、先ず模型を作ってみました。
今回は、”木の塊”を重要視し、先ず模型を作ってみました。

材料は何にするか?で自分の初めのイメージでは”欅””だったのですが、どうも欅の匂いがホテルに相応しくない、という事で”杉”で決定しました。

材料探しでは若干苦労しましたが、お世話になっている愛中木材さんで揃える事が出来ました。

IMGP0085.jpg

この仕事では、製材の段階がとても大事で、製材屋さんとの”息の合方”がとても重要だったことを改めて感じました。全く感謝です。。。


さて、ここからはひとりの作業です。
IMGP0150_1.jpg
2本の”ずれ止め”加工

今回は久しぶりに”大鋸”で、手作業で切断。。チェーンソーも考えたのですが、”バリ”が出るので却下。

IMGP0154_3.jpg

IMGP0155_2.jpg

IMGP0157.jpg
やはり真っ直ぐ切るのは難しい。。。

杉は柔らかい木なので、傷がつきやすいので、”うずくり”をする事に。
IMGP0274_4.jpg

IMGP0276_4.jpg

凹みが浅いので、結局ワイヤーブラシーに変更
IMGP0282_2.jpg

リフトが大活躍
IMGP0367_2.jpg

IMGP0368_1.jpg

油を塗って、工房で撮影
IMGP0331_1.jpg

IMGP0330.jpg

IMGP0339_1.jpg

IMGP0353_1.jpg

ホテルの設計の方の意向も取り入れて、模型よりも更にシンプルになり、よかった、、よかた!!

さて現場に持ち込み

IMGP0381.jpg

IMGP0384.jpg


さてさて、オリンピック目指してのオープンだったのに、オープン早々に、コロナウィルスの事で、相当なダメージな事、心痛です。

早く終息を祈るばかりです。

ただオリンピックの開催時期が来年になったのはいいのですが、、相変わらず”酷暑の中の開催”が決定するなんて、いったいどういうこと??なんでしょうか??


和風テイストのホテルのベンチ  杉  うずくりオイル仕上げ
仲介:アートフロントギャラリー    御徒町