絵について

絵のこと

まずは、ピカソ

ピカソ  ピカソの写真
この哀しみに満ちた<青の時代>があったらこそ!

ピカソ2
風の音が聞こえてきそうです。   この頃の絵が好きです。

ピカソ  (ピエロ)
むかし、東京八重洲口のブリジストン美術館に、見に行きました。
ピカソには、なぜかピエロの絵が多い。


最近、’立ち止まって、モノをじっくり見る’ということが減ってしまいました。


ピカソ 泣く女
これ以上の‘泣き崩れた顔’を描けるのだろうか?

ピカソ 子供  ピカソ 娘
子供や娘もこんな風に描いてしまう。(同じ人が描いたようには、感じられない。)

ピカソ 昼寝 夢の中へ!

どこにもとらわれない。誰にも気を使わない。全くの自由というのが、芸術家にとって、絶対の条件だとすれば、まさにピカソは本当の芸術家だと思っています。
日本人ではイメージでは葛飾北斎かなー、なんて感じています。

美術館は、静謐な雰囲気が好きです。



なんといっても印象派が好きです。
今更とも思うのですが

ゴッホ、セザンヌ、モネマルケ、シャガール、モデイリアーニなどなど

その他

彫刻家、木工家    円空   砂澤ビッキ
a:2163 t:1 y:1

コメント


認証コード6672

コメントは管理者の承認後に表示されます。