温故知新

’剣留め継ぎ’という手法はなぜか、李朝家具(朝鮮)でよく使われていました。
本(緑青)より抜粋  下で紹介します。
本(緑青)より抜粋


久しぶりのトライ!

昔(15年前)は、よく多用した継ぎ手でしたが、当時は今より夢中だった、と思います。

複雑です。

一本一本 ’手作業’でやるのです。
一本一本 ’手作業’でやるのです。


面を取ります。  表現がひろがります。
面を取ります。  表現がひろがります。

過去の制作例
チェスト 車たんす 制作に時間がかかります。 木工らしいです。
制作に時間がかかります。

この本に掲載されている李朝の家具はとってもすばらしいです。
この本に掲載されている李朝の家具はとってもすばらしいです。

掲載例(剣継ぎ)    (抜粋)
李朝の黒柿  部分

李朝  李朝

古いものは世界共通で、’味のある’モノが多いのは、どうしてでしょうか?  この工作法は、不思議と欧米の家具ではあまり見かけません。

この工作法は、不思議と欧米の家具ではあまり見かけません。

古いものは世界共通で、’味のある’モノが多いのは、どうしてでしょうか?


とってもいい家具が載っています!(好みは、あるでしょうが、、、、)






a:1712 t:1 y:0

コメント


認証コード6666

コメントは管理者の承認後に表示されます。