台風で倒木~引き取り、製材

2019年の台風で、お屋敷のケヤキが倒れてしまい、その丸太で、テーブルと椅子が出来ないか?という相談でした。

先ずは直接見なければ、何とも言いようがない、という事で、神奈川の大和市に
視察。(直接見に行くだけでは費用も掛かるので、神奈川の方に行ったついでをみて、見させていただきました。)

丸太で、テーブルと椅子が出来ないか?という相談でした。

ケヤキの丸太2本で長さが2m位で直径が70cm程、二股に分かれているところの幅は1m20cm位でした。
ケヤキの丸太2本で長さが2m位で直径が70cm程

二股に分かれているところの幅は1m20cm位でした。

大きな穴などは見られないので何とかなるのではないか、、、テーブルとして、チョット長さが足りないかもしれないが、これもまあ、何とか使える様でした。(曖昧ですが、丸太は割って見ないとわからない事は多々あります。)

◆問題なのは、1200ミリ位の幅を製材出来る所と、引き取り運搬を同時に出来る業者さんがいるか?という事でした。

どう考えても、茨城の地元の製材所にお願いするのがベストと思い、写真を見せたり搬出経路の寸法を出して、一緒に引き取りに行きました。

20201123_091632.jpg

製材屋さんの見立てた通り、2トンのユニックがギリギリでした。4トントラックでは、敷地に入る事も出来なかったと思います。

積込もギリギリ
20201123_094109.jpg

20201123_095107.jpg


引き取りが昨年(2020年)の暮れで、製材は、先週終えることが出来ました。

◆製材

先ずは機械に乗せます。
20210311_104902.jpg

おお、いい眺め。(なかなか、このサイズを切れる製材所は少ないです。)
20210311_104950.jpg

20210311_105246.jpg

20210311_110935.jpg

20210311_112037.jpg

20210311_112908.jpg

やはり、完璧なものはなく、割れ、虫孔などありますが、何とかなる感じです。(曖昧ですね!!)

この穴は、椅子作りで避けられそうです。20210311_140038.jpg

工房に持ち帰り、桟積みします。
二股に分かれているところの幅は1m20cm位でした。

これで、第1段階終了で、静かに乾燥を待ちます。

乾くまで5年位は欲しい所ですが、2年位で何とかしたいものですね!!

運搬費、製材費も了承していただいての仕事ですが、自然相手だと気長に行くしかないですね!!





a:87 t:3 y:2

コメント


認証コード4983

コメントは管理者の承認後に表示されます。