テーブルとベンチの脚を切って、低くしたい、という相談でした。

テーブルとベンチの脚を切って、低くしたい、という相談でした。

アメリカでの生活が長く、向こうで使っていたセットを、日本でそのまま使おうとしたところ、異常に高く感じられたそうです。

高さは78cmありました!

向こうの人(アメリカ人)は、体大きく、足長く、おまけに家の中でも靴を履いた生活なのだから、、、

出来れば65cmの高さにしたい!ということでした。

んーー!  13cmのカット  どこをどう切るか?  考え処です。

どこをどう切るか?  考え処です。

こうすることに、決めました!
こうすることに、決めました!
ばらしてみると、向こうの人は、合理的に作っていることを、改めて認識しました。

しかしプロポーションの良さと、全体的な雰囲気の温かみは、なんなのでしょう?

日本のメーカーが、同じようなスタイルで作ると、’味’が消え、いかにも’ただきれいな’大量生産’の家具になってしまいます。

職人的から工員さんになるからなのでしょう!

作るヨロコビが消え、早く終わらせよう!ということなのだ、と思います。

’効率’’効率’ばかりじゃ息が詰まります。

モダンタイムス  チャップリン  今から80年ぐらい前、と思うとすごいです!




どこをどう切ったか、わかりません!どこをどう切ったか、わかりません!

’家のあるじ’が迎えてくれます!  (とくに、この背中が好きなのだそうです!)
家のあるじ

落ち着いています!

おいしいサンドイッチも!

おいしいサンドイッチ


テーブルとベンチの高さ調節  参考価格 4万円
鎌倉市     T さん


直前のページへ戻る




a:1771 t:1 y:0