2018 .9 

神奈川県厚木市(第1工房)、茨城県取手(本工房)で、無垢材を使い、オーダー家具、注文家具を承っています。
ご希望に添えるよう、日々、制作をしています。

 (更新履歴) ‘ブログ(雑感)`更新しました。9月16日

無垢材の注文家具屋(木歓坊) kikanbo             ヤマガミ マサアキ


















ようこそ!  フルのオーダー家具を承り、制作しております木歓坊(kikanbo)の山上です。


家具は、お店で選んで買うのが一般的だ!と思われている方がほとんどだと思います。家具をオーダーで作って、木の温もりが身近な生活を味わってみませんか?

家の中をすっきりしたい!でもどこの家具屋さんに行ったらいいのか? そして、やっと‘好み‘の物が見つかった!でもサイズがちょっと合わない!なんて事がよくあります。そのような時に、始めからオーダーで作る事が出来ます。



* 家の雰囲気に合う家具を探しておられる方
* ぴったりサイズの家具が見つからない方
* 自分だけのオリジナル家具がほしい方
* なんとなく家具を注文してみたい方

当工房は、そのような人達の為に、日々、制作しております。



こだわりは、 ’無垢の素材’と’良質であること’ です。
そして、あらゆるスタイル(レトロ、和風、モダン、ナチュラル、カントリー etcなど)に対応します。

いろいろな希望に添えながら、オリジナルを追求しています。



まずは、(仕事内容のところ)の写真をクリックして、私の仕事を御覧ください!

木を使うものなら、なんでもトライしたいと思っています。






news
定番商品でちゃぶ台をUPしました。
レトロ、アンティークは好きだけれど、使用されたものはどうも苦手な方に。
定番商品でちゃぶ台をUPしました。



最新作  2018、9、3 up     

◆約8年前に作ったテーブルです。

お子さんが成長されて、もう勉強机としての役割が終わったそうで、脚などを切って、センターテーブルに改造出来ないか?という相談でした。

お子さんが成長されて、もう勉強机としての役割が終わったそうで、脚などを切って、センターテーブルに改造出来ないか?という相談でした。

ソファーがレトロの雰囲気で、それに合わせて色も濃くしたい!ということでした。

結構、ハードに使われていて、実に”いい感じ”になっておりました。
結構、ハードに使われていて、実に”いい感じ”になっておりました。

カッコイイ落書き
画像の説明

お気に入りのシール
お気に入りのシール

この子はきっと理数系が好きだったのでしょう。
この子はきっと理数系が好きだったのでしょう。

子供に綺麗に使いなさい!なんて無理で、のびのび育ったと思われます。


さて、改造。  まず脚を切断
まず脚を切断

天板、このまま傷を残したまま色をつけるか、ある程度綺麗にしてから塗装するか、ちょっと迷いましたが、後者を選択しました。

見ていると、脚にちょっとワンポイントを入れたくなりました。
見ていると、脚にちょっとワンポイントを入れたくなりました。

ソファーの面取りに合わせて大きく角を落とす。(使い古した感じが強調されます。もちろん濃い色だから合います。)
ソファーの面取りに合わせて大きく角を落とす。

引出しの中のシールは、思い出と共に、そのまましまい込みました。
引出しの中のシールは、思い出と共に、そのまましまい込みました。

天板
天板

完成
完成

そして、納品
そして、納品


こういう改造は、”無垢の木”だからこそ出来るのだと思います。


机からセンターテーブルに改造   材 楢
参考価格(うち合わせ、改造費)5万円     鎌倉市 Mさん



◆キッチンでちょこっと座った時の簡易テーブルになったり、冷蔵庫から出した物を置いたり、邪魔にならない”よろず台”みたいなものが出来ないか?という相談でした。

そんなに立派な木でなくていいし、デザインも素朴でいい!ということで、杉で作らせて頂きました。

キッチンでちょこっと座った時の簡易テーブルになったり、冷蔵庫から出した物を置いたり、邪魔にならない”よろず台”みたいなものが出来ないか?という相談でした。

天板は頑丈な雰囲気を見せたかったので、ちょっと厚いです。
天板は頑丈な雰囲気を見せたかったので、ちょっと厚いです。

角は丸くし、脚を結構、中に入れました。どちらかというとデザインよりも”使い勝手”を優先させました。(椅子に座った時、なるべく足が邪魔にならない様に。)

どちらかというとデザインよりも”使い勝手”を優先させました。

杉のよろず台 無塗装  参考価格3万5千円(税別)   さいたま市  Yさん





注文家具 承ります。   

                
              

工房 木歓坊   山上正晃   


携帯 090 3875 0442

◆茨城県北相馬郡利根町押戸1553(本工房)
◆神奈川県厚木市三田3306-6(第1工房、NIWA工房内 tel 046-291-2923)
E-MAIL kikanbolor@yahoo.co.jp
(詳しくは、’お問い合わせ’を御覧ください。)





↑ページの
トップへ
/ トップ


グーグルのサイトです。
https://kikanbo.business.site







下のアドレスは古いホームページです。
これまでは、まったく人任せでした。協力してくれた方には、感謝、カンシャ!


http://www.threed.co.jp/kikanbo/





a:99452 t:42 y:68